手織的溫暖(上) Handmade knitted warmth (I.) 手作りで編まれた優しさ(上)

















橙色

Orange

オレンジ


像冬天的陽光讓人感覺溫暖

It’s like the warm sunlight in winter

それはまるで冬の日の温かい日差しのようで、


像孩子的笑容一樣活潑朝氣
It’s like children’s energetic smile
子供たちの活気あふれた笑顔のようで、

像你在生活的挑戰中勇敢而自信
It’s like your bravery and confidence while you face challenge in life
挑戦するときの勇気と自信のようだ。















爺爺的紡織工廠坐落於墨田區
Grandfather’s knit factory located at Sumida-ward
墨田区にある祖父の編物工場。

一針一線編織著人們日常的衣著
To produce people’s daily wearing
それは日常衣類品をつくるためだった。

隨著時代變遷,紡織業的蓬勃也帶來激烈的競爭
With the changing times, textile industry was not only very prosperous, but also very competitive
しかし、時代の変化とともに、編物産業は厳しくなっていった。

後來景氣低落造成銷量降低,狀況不甚理想
Situation became worse because the recession brought about low sales
そして状況は、不景気になるとともにさらに悪化した。

然而,危機也能是轉機
However, a crisis is a chance
しかし、危機はチャンスでもある。

來自回收產業的概念刺激了一些新的想法
There were some new ideas which base on the recycle industry
なんと、リサイクルに着目した新しいアイディアが浮かんだ。

拆分衣物或是針織的棉花能不能變成一樣新的產品?
Is it possible to create a new product from splitting cotton?
裂けている綿から新しいものをつくるのは可能なのか?

跳脫困境首先需要面對諸多選項背後未知的風險
When you are going to deal with the problems, you need to face the unknown risk of every option
この問題に直面し、あらゆるリスクと向き合った。

小高先生選擇步步為營地開拓
Mr. Kodaka decided to develop step by step
小高さんは、少しづつでも開発していくことにした。

由品牌活動作為起始,2013年成立了「橙色東京」
To begin with a branding campaign, he established “ORANGE TOKYO LTD.” in 2013
2013年、ブランドを認知させるために、「オレンジトーキョー株式会社」を設立した。

這樣的決定不再只需要他熟悉的紡織技術即能達成
This decision not just needed his textile skill for achieving
その決断は、製造技術をもっているだけではだめだった。

當你清楚地了解已經掌握的利器與缺乏的資源
If you have known well about what advantage you have and what resource you need
持っている強みとどのようなものが必要なのかは知っていた。

下一步的方向將十分明確
The next step will be very clear
だから次に必要なことは、とても明白だった。

尋求品牌活動專業的外部合作
Seek for the external cooperation of professional branding campaigns
外部のブランド戦略会社を探した。

定位於北歐風格的優雅、簡潔與舒適
Focus on Scandinavian style, elegant, neat and comfortable
そしてスカンジナビアの様式、優雅さ、すばらしさと快適さに着目した。

MERI的前身就像是一位高雅而溫柔的女人
The former of MERI was like a graceful and tender lady
MERIの前身は、優雅で優しい女性のようだった。

成功吸引了世人的目光,品牌的概念與目標也逐漸成形
The branding concept and goal became concrete and appeal people successfully
ブランドのコンセプトとゴールは、具体的で効果的に人々を引きつけた。


















最終,MERI以新型的室內拖鞋成為橙色東京的主要產品
Finally, as a new style of room shoes, MERI became the main product of ORANGE TOKYO LTD.
最終的に、新しい部屋靴として、MERIはオレンジトーキョー株式会社の主力商品になった。

以時尚而舒服的方式支撐著人們的腳步
To support people’s steps by the fashion and cozy way
人々におしゃれさと心地よさを加えた。

手工編織的線條創造踩著雲朵般的柔軟
The handmade yarns make people feel soft like clouds
手編みであるので、人々に雲のような優しさを感じさせる。

全手工製作的過程耗時費力
It takes long time and manpower to make because it’s 100% handmade products
100%手作りなので、つくるのに多くの時間と労力がかかる。

三個小時織成紮實的鞋底,兩個小時編成鞋帶再組合成完整的一雙鞋
3 hours to make the solid soles, 2 hours to make the shoe bands, then combine with each other
なんと、5時間以上の時間を要する。

每個步驟由不同的人負責,確實也不容疏忽
Different responsible person to be in charge of different steps, it’s reliable and careful
つくるときは、作成者がそれぞれ自分の専門的な工程をもっているので、安心だし精巧だ。

MERI的主旨是為人們帶來全手工的舒適
The main purpose of MERI is handmade coziness for people
MERIの目標は、手作りの快適さを人々に届けることである。

但時間與人力的高成本是經營的難處
The high cost of time and labor power is definitely the difficulties for running the business
そこにかける高いコストと時間はビジネス面ではよくないかもしれない。

然而,每件事情的一體兩面都取決於更加在乎的本質
However, everything is a double-edged sword, which depends on the more careful essence
しかし、全てのものはもろ刃の剣である。

小高先生堅定地說:「這樣的手製產品是大製造商無法複製的技術,同時也是小型獨資經營者不能負擔的成本,利基市場的維護有其困難,但設計型的產品最重要的就是高品質。」
Mr. Kodaka said firmly “This handmade product is the special skill which can’t be copied by huge manufacturing factory, sole proprietor also cannot afford this high cost. It’s hard to maintain the Niche Market, but keeping high quality is the most important thing for designed products.”
小高さんは、「この手作りの商品は特別な技術であり、大きな工場はマネすることのできないものだ。また、個人事業主は高いコストをかける余裕がない。ニッチ市場を維持することは難しいが、高い品質こそが一番大切た。」と語った。

清楚自己守護的價值是面對困難的第一步
Knowing well the core values is the first step to face the problems
本質的価値をよく捉えるのは、問題を解決するにあたって、最初のステップである。

四季的轉換也為產品帶來困境與新的契機
そして、季節の変化も困難と転機となる。
Season-changing also brought some dilemma and turning points

原先設計給裸足著用的MERI在進入冬季後顯得過於寒冷
MERIは裸足に近いので、冬に履くには適さない。
MERI is originally for barefoot, but it is too cold to wear in winter season

小高先生也另外分享了一則故事
小高さんは、違う商品の話もしてくれた。
Mr. Kodaka also shared another story

過去在日本市面販售的五指襪都是顏色較為單一的款式
The previous types of the toe socks in Japan are so monotonous
かつての五本指ソックスは、とても単調デザインだった。

曾經有一位女士覺得穿著普通的五指襪在脫鞋後讓她感到非常尷尬
A lady felt very embarrassed while taking off her shoes because she wore the monotonous toe socks
女性は五本指ソックスを履いていたので、靴を脱ぐのをすごく恥ずかしがった。
為了守護時尚與舒適,TUTUMU誕生了
For keeping fashion and coziness, TUTUMU was born
そこで、ファッション性と快適さを求め続け、TUTUMUが誕生した。

不同於一般襪子的版型將指頭的部分最後縫製而留下縫線
Different with the common socks to make the toes part in the end, the seams will also be at
the toe parts
普通の靴下と違って、縫い目が足の指のところにある。

TUTUMU將縫線設計於腳跟,留給腳趾更加舒適的包覆
The seam of TUTUMU is at heel part to make toes more covered and comfortable
TUTUMUの縫い目は、足指やかかとをもっと快適にさせた。

多樣的圖案與顏色讓TUTUMU在溫暖之餘也展現著特色
Diverse patterns and vivid colors make TUTUMU special
様々な種類の明るい色を持っているのも、TUTUMUの特徴である。



















將百分之百手作留在墨田區
Keep this 100% handmade products at Sumida ward
墨田区での100%手作りの商品。

小高先生對於這個地方也有深厚的感情
Because Mr. Kodak has deep relationship with this place
作り続ける理由は、小高さんと墨田区は深い関係であるからだ。

他說,江戶時代墨田住了很多武士階級的人,他們必須依靠額外的工作維生,因此製造業在這裡發展起來,也讓這裡保留了很多傳統產業
He said, during Edo period time, there were many samurai lived here. They need to keep living with additional work, so manufacturing industry was developed. Nowadays, there are many traditional industries are kept here
小高さんは、「江戸時代、ここには多くのサムライが住んでいたので、製造業が盛んであった。そして今、多くの伝統産業がここに残っている。」と言う。

在他小的時候,差不多70%的家庭有自己獨立的事業,因此在當時有很多製造工廠,後來因為開始都更計畫,進而可以感受到城市化的發展,所以覺得這個地區非常特別
When he was a child, almost 70% of family had their own business, so there were many manufacturing factories at that time. After the urban renewal, the development of urbanization was more and more advanced. Therefore, he thinks this region is very special
小高さんが子供の時、70%くらいの家族が自営業であり、製造業は盛んであった。都市の再開発によりもっと都市化は加速したので、この地は特別だと考えている。

就像經過時代流轉而變遷的墨田區,進步但不失本色
Although the time passed through for a long time here, Sumida ward got advanced, and it did not lose its true color
時代が変わっても、伝統を失わずに発展し続けている。

小高先生保留最初在紡織的核心技術,加進新穎的創意與突破的想法
綜合出一雙雙特別的MERI,帶給人們橙色東京深厚的價值
Mr. Kodaka keeps the original core knitting skill, and add the creative ideas to breakthrough, then make every MERI so unique to convey the values of ORANGE TOKYO LTD.
小高さんは自分の製造技術とクリエイティブな発想で全てのMERIに独自さを与え、オレンジトーキョー株式会社の価値を伝えて続ける。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

MERIKOTI

Transportation:
-「大江戶線 兩國」站步行2分鐘 / JR兩國」站步行8分鐘
2 minutes from “ Oedo sen Ryogoku”station by walking / 
    8 minutes from “JR Ryogoku”station by walking
-大江戸線 両国駅より約6分 / JR両国駅より約8
Tel: 070-6986-0708
Time: 10:00 a.m. – 6:00 p.m.

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

Comments

Popular Posts