歷久彌新的堅毅之美(上) Remain the beauty without aging and become even newer as time goes by (I.) 美はそのまま古びることなく、時とともに新しく在りつづける


















研磨輪與玻璃杯接觸而擦出利刃切割的高頻率聲響

When the glass touches the grinding machine, it will make a high pitch sound  

グラインダーの機械がガラスに触れるとき
それは高く音を立てるでしょう


劃出一道深刻的痕跡,如同歷史所留下的歲月,深切而不容抹滅

A deep scratch is be cut like age has left the trace which cannot be erased  

深い刻みは、けして消えることのない、歴史の痕跡のよう


反覆而謹慎,小心地托著玻璃杯,手勁掌握的是百年流傳下來的技術
Holding the glass carefully to do the cutting again and again. The skill which is from hundred years ago.
そっとグラスを持ち、何度も何度も切ることを繰り返す
100年も前からの技術

















細緻的切面僅來自於橫、豎兩種筆劃所構成的草圖
The meticulous sections are just from the horizontal and vertical sketch 
水平と垂直のスケッチからちょうど
細やかに刻まれた面が広がる

平凡的素材必須經歷六道程序才能成為至美
To be perfect, the ordinary material needs six procedures
完璧になるために、平凡な素材は6つの手順を必要とします

如同人生過程,擁抱歷練才能刻出浴火鳳凰般的絢爛
It’s like human life. Experiences make people brilliant like the phoenix from the flames
それは人生のよう
経験は、炎から出でるフェニックスのように、人びとを輝かせるのです

明治時代,西方文化的流入帶來洋人品嘗紅酒與威士忌所搖晃著的高腳杯
During Meiji period, western cultures brought the goblets and glass which they used for drinking wine and whisky in to Japan
明治時代、西洋文化はゴブレットやグラスを日本にもたらしました
それらはワインやウイスキーを飲むために使われていたものです

透亮而精美的玻璃製品吸引了日本人的好奇心
The transparent and exquisite glass products caught Japanese curiosity
透き通り、優雅で美しいそのガラスの製品は
日本人の好奇心をつかんで離しませんでした

新穎的玻璃產業因此漸為流行
Newly glass industry became more and more popular
新しいガラス産業はどんどん流行し


廣田先生的曾祖父在1899年於品川創立了玻璃工廠
Mr. Hirota’s great-grand father established the glass factory at Shinagawa in 1899
廣田さんの曽祖父は、1899年に品川でガラス工場を設立したのです

大正年間因物料運送上的方便而搬遷過來墨田區
Because of the convenience of materials delivery, he moved to Sumida-ward in Taisho period
配送の利便性から、
大正時代、墨田区へ工場を移すこととなりました

然而墨田區卻在二次世界大戰中遭到戰火波及而毀於一旦
However, it has been destroyed once by World War II.
しかし、一度は第二次世界大戦の戦火に焼けてしまいます

一切只能重新起步
Everything need to start again
もう一度始めるために、すべて必要だったのでしょう

廣田先生娓娓道來這樣的歷史過程
Mr. Hirota introduced the company history
廣田さんは会社の歴史を紹介してくれました

他說,即使到現在自己已經接手公司十年,這十年間也是經歷了許多改變
He said, although he has already worked as the president for ten years, there were so many changes in these years as well
彼は言います
もう社長として働いて10年になるけれど、その中でとても多くの変化があったと

















日本市場逐漸飽和、緊縮,產業鏈跟著有所變化
Japanese market saturation changed the industrial chain
日本市場での飽和によって、
あらゆる産業をつなぐこととなりました

東京的玻璃廠在過去二十年前還有大約十個,如今只剩下了三個
There were almost ten glass factories in Tokyo before, but nowadays just only three
以前は東京に10ものガラス工場がありましたが、
今ではたった3件だけ

自動化與機器化所製造出來的玻璃產品流通於市面
The glass products which made by machine circulates in markets nowadays
自動の機械でつくられたガラス製品が
今現在、市場に流通しています

但他依然堅持著手工製品的價值
However, he still sticks to the value of hand-made value
しかし、彼はまだ手づくりの価値を見つめ続けているのです

















那不僅是機器無法做出來的技術
Not only can it be made by machine
機械生産でなせることだけでなく

更是保留著時代的原貌
But also keep the original spirit of times
最初の、根源の気持ちを保ち続けています

紋路全是職人刻出的美
The lines and patterns are all cut by the craftsman
職人がすべて、線や模様を切り描きます

















在「墨田江戶切子館」中,五顏六色的切子產品擺放在店中
There are many Kiriko products with different colors in “Sumida Edo Kiriko Kan”
「すみだ江戸切子館」には
色の異なる切子製品がたくさんあります

太陽的光線從切子的紋路中閃耀著光芒
Sunlight shines the Kiriko from inside to outside
太陽の光が
内から外へ、切子を照らします

透過玻璃窗,還能看見切子職人製作的過程
You also can see the procedure while the craftsman making the glass
あなたは、職人がガラスをつくるまでの行程を
見ることができるのです

已經擁有二十七年資歷的職人說,一整天的工作時間大約能刻出五至六個大的江戶切子杯
The craftsman who has already had 27 years working experience said, he just can make 5 to 6 Edo Kiriko glass in a whole day
すでに職人として27年働いてきた、というその職人は、
1日で、5から6個の切子グラスをつくることができると言います

















專注於切製時,力道表現於手腕,眼神必須銳利地從玻璃杯的裡層看出為微光照射進來的草圖
During the making, strengths shows on the craftsman’s wrists. Eyes need to be sharp, so that can focus on the glimmer from the inside of the glass
つくる間、職人の腕に力が表れます
瞳は鋭くなり、グラスの中にともる、わずかな光に焦点を当てるのです

一次又一次,絕不能操之過急
Again and again. You cannot act with undue haste
繰り返し、繰り返し
事を急くことはできません

從簡易的草圖到精巧的刻紋,那是經驗練就的熟練             
From simple sketch to delicate products. The most important thing is the experienced skill
単純なスケッチから繊細な商品へ
何よりも大切なことは、完成された熟練の技術

切子這項工藝在職人切製、研磨時讓人感受到傳統技藝的「真」
You can feel so “true” for this traditional skill during the craftsman making and grinding the Kiriko
あなたはこの伝統的な技術から「真実」を強く感じるでしょう
職人が切子を作り、磨く間に

那是在現今快速流轉的時代裡保留的一份「慢」的美學
This “slow esthetics” was kept in the rapid changed era
この「ゆっくりとした美」は
急速に変わる時代にも存在しているのです

質感來自穩扎穩打的修練
Quality is from the stable practice and full of experience
品質は安定した修練と満ちた経験からやってくるもの

一刀一刀的線條是心血的回饋
Every cutting is like the feedback of earnest
一刀一刀すべてはひたむきの表れ

美的價值終將以細緻且真切的姿態大放異彩
The value of beauty will shine as a true and exquisite looks
美しさの価値は、真実と優美さの象徴として輝きを放つ

那是守護初衷的努力模樣
That is the belief to keep the original intention
それは、原点の強さを保ち続ける信念でもあるでしょう

是永續流傳的動力
The motivation of handing down forever
永遠に伝え継承する原動力として


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

墨田江戶切子館  Sumida Edo Kiriko Museum
Transportation:
-「錦絲町」站步行6分鐘
6 minutes from “Kinshicho”station by walking
-錦糸町駅より約6分
Tel: 03-3623-4148
Time: 10:00 a.m. – 6:00 p.m. 週日公休(Close on every Sunday

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

Comments

Popular Posts